1. TOP
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディングのスタートは口座開設から

ソーシャルレンディングのスタートは口座開設から

口座開設を知らせる手紙

ソーシャルレンディングを始めるにあたって、まずしないといけないのが口座開設です。
業者リスクを避けるため、又投資リスクを分散させるために複数の業者の口座を開設するのをお勧めします。

どこで口座開設してソーシャルレンディングを始めるか

ソーシャルレンディング投資のスタートは口座開設からです。リスク回避の観点から複数の業者に開設するのをお勧めします。

 

まだ法的な未整備な所の多い業界

ソーシャルレンディングの業界はまだ法的な整備が追いついていない業界です。

例えば銀行ならば、仮に倒産したとしても1,000万円までは預金が保護される制度がありますが、ソーシャルレンディングの業者がつぶれた際にそういった保護の制度はありません。

そして銀行と異なり、金融庁の監督もまだ緩く、ずさんな業者が紛れ込む余地のある業界でもあるのです。

みんなのクレジット事件とは

今は実質的に営業をしていませんが、かつては業界の大手だったみんなのクレジットという業者があります。

この業者は高利回りと高額のキャッシュバックキャンペーンを武器にして投資家から資金を集めていましたが、その資金を約束していた投資ではなく、既存のファンドの返還資金や代表の個人借り入れの返済に回していました。法律的にも、もちろん倫理的にも完璧にブラックです。

この問題が表面化したのが今年の3月です。未だにこの問題は解決していませんが、事件が表面化する前の未返還出資金17億6000万円の大部分は投資家には帰ってこないと思われます。

業者リスクを避ける為に分散投資

分散投資はこういった粗悪な業者を避けるために必要です。

このみんなのクレジットにしても、問題が表面化するまでは既存メディアやブログで華やかに持ち上げられていました。

今ある他の業者にしても、比較的安全だとは言えますが、絶対に大丈夫とは絶対に言えません。

絶対に被害にあわないように…ではなくて、被害にあっても最小限度で食い止められるように預け先は分散しておきましょう。

一つのバスケットに卵をまとめて入れない

投資の世界にある金言ですが、1つのバスケットに卵をまとめて入れてはいけません。必ず複数のバスケットに卵をいれるようにしましょう。

1つのバスケットにいれたままだと、何かあった拍子に全部の卵が壊れてしまいます。複数のバスケットにわけておけば、何かあったとしても一部は被害にあってもそれ以外は生き残れます。

ソーシャルレンディング投資をする際は分散投資を心掛けてください。

複数の業者に口座を開設するのがおススメ!

株式投資を始めるのならば開設する口座は一つでも大丈夫です。複数口座を開設しても投資する商品は同じ株ですから一緒です。

ただソーシャルレンディング投資なら、開設した口座により投資できるファンドは異なってきます

口座を開設する業者が増えれば増えるほど、管理する手間は増えますが、それでも分散投資は必要です。

私は現在2000万弱を8つの業者で投資をしています。これは業者リスクを避けると同時に、様々なファンドに分散投資をするためでもあります。

投資額にもよりますが、せっかくソーシャルレンディングを始めるのならば、複数の業者で口座開設をおススメします。

\ SNSでシェアしよう! /

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの注目記事を受け取ろう

口座開設を知らせる手紙

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • ソーシャルレンディングの「非」不動産担保には何がある?

  • 12/11にプレリートファンドが登録開始 不動産の利益を一気通貫

  • ソーシャルレンディングの良き業者の判別方法は親会社をチェック

  • ソーシャルレンディングの高利周りの秘密をお伝えします

関連記事

  • ソーシャルレンディングでの税金取戻し方法

  • ソーシャルレンディングと税金の基本3点 これだけを覚えてください

  • アミューズメント業で高利回りをゲットするクラウドリース

  • ソーシャルレンディングは誰でも達人になれる投資方法

  • maneoの返済遅延案件から貸倒リスク業者リスクを学べ

  • ソーシャルレンディングの表面利回りではなく、実質利回りに注目!