1. TOP
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディングの事業性資金融資とはどういったものか

ソーシャルレンディングの事業性資金融資とはどういったものか

クラウドバンク事業性資金融資

借り手からすると、銀行では借りれない融資をしてくれるのがソーシャルレンディングです。いわゆる事業性資金融資になりますが、この手の案件に投資する際に気をつけるのは担保になります。

ソーシャルレンディングの事業性資金融資は多士済々

中小企業の運転資金融資

銀行と比べると金利が高いのがソーシャルレンディングです。これは借り手側も貸し手側も同じです。

借り手は基本的に中小企業になりますが、この時に安心できる不動産担保を提供できないこともあります。

事業内容や返済プランもしっかりしたものであっても、いざという時に保全してくれる担保はそうなると脆弱な物になります。それをリスクと見たのが銀行で、チャンスと見たのがソーシャルレンディングです。

 

 

担保は商品だったり債権だったり

担保として一番人気の不動産が無い場合になると、自社で取り扱っている商品や、納入先からの仕入れ債権が分かりやすい担保です。

前者の場合は集合動産担保、後者の場合は集合債券担保と記載されているのが多いです。取り扱っている債権や商品は変わっていくけども、それをひとくくりまとめるのが集合債券であり担保です。

これらはいずれも銀行融資の際は中々担保として認められないものですが、担保としての価値はある(とソーシャルレンディングの融資担当者は判断した)ものです。

担保の換金価値に注意

仮に1億円の価値がある売掛債権でも、売掛先から回収できなければそれは0円です。
同じように1億円の価値がある商品でも、それを1億円で買ってくれる企業がいなければ、価値は毀損します。

債権や商品の場合は、その中身によって担保価値は大きく変わります。

債権担保の場合は、その売掛先が上場企業や大企業の様に信頼できる相手かどうかを判断しないといけません。

商品が担保の場合は、その商品が素早く買いたたかれずに換金できるのかどうかを判断する必要があります。

代表者個人保証を信頼できるのか

また、多くの事業性資金融資でついている保全が、代表者の個人保証です。

もしも会社が潰れたとしても、代表者個人に請求することができるという事ですが、会社が潰れるような状況ならば普通に考えて代表者も無傷ではいられません。

代表者個人の保証は、代表者に対するプレッシャー以上の意味はないと思っていた方がいいです。

 

リスクと引き換えに得られるもの

少し事業性資金融資のリスクを強調しましたが、不動産という安心できる担保がないリスクは、デフォルト時の回収率となって現れます。

しかし、リターンには必ずリスクがあるように、リスクにも必ずリターンがついてきます。

これは事業性資金融資に限りませんが、不動産担保のない融資案件は概して高リターンになります。担保価値を見極めれれた人のみがその高リターンを享受できるのです。

\ SNSでシェアしよう! /

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの注目記事を受け取ろう

クラウドバンク事業性資金融資

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • ソーシャルレンディングの「非」不動産担保には何がある?

  • 12/11にプレリートファンドが登録開始 不動産の利益を一気通貫

  • ソーシャルレンディングの良き業者の判別方法は親会社をチェック

  • ソーシャルレンディングの高利周りの秘密をお伝えします

関連記事

  • ラッキーバンクは高利回りと担保保全を両立させているので人気がある

  • ソーシャルレンディングの手数料

  • ソーシャルレンディングの第三のリスクは為替リスク

  • ソーシャルレンディングのキャンペーンには利用されず利用する

  • ソーシャルレンディングを1万円でなく30万円から始めるべき理由

  • ソーシャルレンディング分散投資の一角に欠かせないAppleBank