1. TOP
  2. ソーシャルレンディング
  3. アミューズメント業で高利回りをゲットするクラウドリース

アミューズメント業で高利回りをゲットするクラウドリース

クラウドリーストップ

ソーシャルレンディングでの花形は何といっても高利率です。色々な業者がありますが、安定的に10%超えの案件を募集しているクラウドリースへ投資すればポートフォリオ全体の平均利率があがります。

アミューズメント業に強い高利周りのクラウドリース

クラウドリースの概況

クラウドリースの月間応募額は4億円前後の業界中堅どころの業者です。規模の小ささから、多額の資金を預けるのに向いていませんが、ほぼ常時ファンドは募集をしていますので、応募したい時に応募できないという事はありません。

注目すべきはその金利でして、平均利回り9.88%(クラウドポート調べ)をあげている高利回りに特徴のある業者です。

 

 

クラウドリースで募集している案件

そのクラウドリースの案件の中身ですが、目立つのがアミューズメント業への貸し出しです。これは平たく言うとパチンコ屋さんへの貸し出しですね。

担保としてとっているのは不動産、お店の敷地と建物…これはわかりますが目立つのが動産集合担保として設定しているパチンコ台です。

 

またアミューズメント業への貸し出し以外では事業性資金の融資が目立ちます。この場合も貸出先企業の不動産が無ければ、商品担保や債権担保での融資が多いです。

 

クラウドリースの担保の評価には要注意

何あった時に担保があれば安心ですが、絶対に安心ではありません。

まず郊外にあるパチンコ屋の土地建物ですが、流動性は極めて低いです。同じパチンコ屋ぐらいしか、その土地建物を買い取っても商売になりませんから、早期に売却をしたいのならば買い叩かれる覚悟が要ります。

そしてパチンコ台や自社商品が担保の時も、それが買い叩かれる覚悟は必要でしょう。売掛債権の場合も納入先によっては回収に時間がかかる可能性はあります。

都心部の不動産と比べるとクラウドリースの担保は概して貧弱なのは事実です。

 

ファイナンスの隙間を埋めるクラウドリース

この貧弱な担保をリスクと考えたのが、銀行であり大手金融機関で、チャンスと考えたのがクラウドリースです。

担保は貧弱だけれども、返済の心配がない中小企業はたくさんあります。そこに融資をする事により高利回りの果実を手にしているのがクラウドリースなのです。

利率が高いのには理由があります、高利回りが高リスクなのはある意味当たり前です。問題はそのリスクをどの程度と自分で判断するかです。

私は全額投資とかはもちろんできませんが、分散投資の一環として現段階で250万円ほどを投資しています。ポートフォリオ全体の利回りを上げてくれる、欠かせない業者の一つになっています。

現在250万投資中

\ SNSでシェアしよう! /

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの注目記事を受け取ろう

クラウドリーストップ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • ソーシャルレンディングの「非」不動産担保には何がある?

  • 12/11にプレリートファンドが登録開始 不動産の利益を一気通貫

  • ソーシャルレンディングの良き業者の判別方法は親会社をチェック

  • ソーシャルレンディングの高利周りの秘密をお伝えします

関連記事

  • 混同したらダメ!似て非なるものなり購入型クラウドファンディング

  • みんなのクレジット事件の痛い教訓から騙されないコツを学ぶ

  • ソーシャルレンディングでの税金取戻し方法

  • ソーシャルレンディング史上最大のトラブルのみんなのクレジット事件

  • ソーシャルレンディングと税金の基本3点 これだけを覚えてください

  • ソーシャルレンディングでの太陽光発電投資の一般論