1. TOP
  2. ソーシャルレンディング
  3. 日本から海外へのお手軽投資はクラウドクレジット

日本から海外へのお手軽投資はクラウドクレジット

ファンド募集中

結構癖のある業者ですが、ここにしかない独自ポイントがいくつもあるのがクラウドクレジットです。分散投資には欠かせない業者になっています。

クラウドクレジットの現況

クラウドクレジットは毎月3億円程度の貸し出しを行っている、ソーシャルレンディング業界の中堅業者です。

 

ほぼ常時ファンドを募集していますので、投資したい時に投資できないという事はあまりありません。

気になる平均利率は10.09%(クラウドポート調べ H29年10月)と高めですが、最近は低下傾向にあります。

クラウドクレジットの業者リスクはどの程度

クラウドクレジットは2013年に設立された比較的新しい会社です。当初より海外への融資をてがけていましたが、クラウドファンディングに参加したのは2014年からです。

現在は伊藤忠の出資を仰いで経営の安定を図っており、各種ベンチャーキャピタルからも出資されているなど、比較的業者リスクの低い一社です。

私は総投資額1800万ほどのうちの200万を現在投資しています。信用していい業者と私は判断しています。

200万円投資中

 

海外投資案件を豊富に扱うクラウドクレジット

クラウドクレジットは海外に投資する案件を扱うソーシャルレンディング業者です。その海外投資案件の性質的に為替リスクがあるファンドが大半です。

ソーシャルレンディングの貸倒率は何年も0%ですが、為替リスクで損をする可能性があるのは頭に入れておいてください。

 

クラウドクレジットの癖

クラウドクレジットはマイページや案件を説明する画面に独特のユーザーインターフェースを採用しています。

案件説明などはその分かなり詳しくしてくれているのですが、肝心な分配予定がわかりにくかったりと使いにくさもあります。

なれればそこまで気になりませんが、他の業者に慣れている人はしばらくわかりにくく苦労はすると思いますので注意してください。

 

海外投資できる貴重な業者

クラウドクレジットは業者自体はリスクも低く、また情報開示も頻繁に行っており、安心できます。

しかし最大の魅力は、東欧やアフリカ北欧と言った、なかなか投資できる機会がない国に安全に投資できるファンドを提供してくれる点にあります。

為替リスクが怖いのならば、クラウドクレジットは為替リスクをヘッジしているファンドも用意しています(その分利率は低いですが…)。

最初に口座開設する業者ではないです。しかし、どうしても案件は国内融資に集中しますので、分散投資の観点からポートフォリオの幅を広げたいときには欠かせない業者です。

\ SNSでシェアしよう! /

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの注目記事を受け取ろう

ファンド募集中

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • ソーシャルレンディングの「非」不動産担保には何がある?

  • 12/11にプレリートファンドが登録開始 不動産の利益を一気通貫

  • ソーシャルレンディングの良き業者の判別方法は親会社をチェック

  • ソーシャルレンディングの高利周りの秘密をお伝えします

関連記事

  • ソーシャルレンディングの貸倒リスク

  • 投資家目線での試みが目立つポケットファンディング

  • ソーシャルレンディングで投資の一歩を踏み出そう

  • ソーシャルレンディングでの不動産担保融資の具体例

  • 年利12%~13%のグリーンインフラに私が投資していない2つの理由

  • ソーシャルレンディングでは避けては通れない早期償還