1. TOP
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディングを1万円でなく30万円から始めるべき理由

ソーシャルレンディングを1万円でなく30万円から始めるべき理由

支払手数料¥0

ソーシャルレンディング投資には何円からするのがいいのでしょうか。事業者によっては1万円からの投資をうたっていますが、あまりにも低額の投資は手数料負けする可能性もありますので、かしこく運用していきましょう。

ソーシャルレンディングに投資する適正金額

ソーシャルレンディングは1万円から投資可能?

1万円から投資可能と喧伝する業者はいます。可能かどうかで言えば1万円からの投資は可能です。ただ私はそれをお勧めはしないです。

理由は簡単で、1万円を仮に年利10%で運用しても1年後は11,000円です。このお金を引き出す手数料で500円取られたら、返ってくるのは10,500円で年利5%まで下がってしまいます。手数料負けする金額での投資はやはりお勧めできません。

 

投資金額よりも、どの程度引き出さないかの方が重要

しかし、手数料負けしたくないからと言って高額の投資をする…これは明らかに本末転倒です。

投資の大原則は余裕資金で行う事です。少なくとも数年単位で使う予定の無いお金をまず投資に回しましょう。このお金は引き出さないお金ですので、手数料の心配はいりません。

そして、1年以内に使う予定はないけども…といったレベルのお金でソーシャルレンディングに投資をしたいのならば、引き出し手数料が無料の業者を選択することで実質的な利回りを維持できます。

 

 

分散投資はどこまで正義か

リスクを回避するための分散投資は正しい行いです。しかし、それも限界がありますし、分散投資すればするほど手間は煩雑になります。

30万円を年利6%(税抜き後)で収入は18,000円になり、月々1500円の収入です。
この30万円を2つの業者に分散投資すると収入は9,000円で月々750円の収入が2口座。
3つの業者に分散投資すると収入は6,000円で月々500円の収入が3口座。

人によって多少の価値観の相違はあっても、30万円程度までは業者を分散させるメリットを手間というデメリットが上回るのではないでしょうか。

それでも分散投資をしたいのならば

ソーシャルレンディング投資をするのならば、30万円…どうすくなくとも10万円ぐらいから始めるのを勧めます。そして50万程度までは業者を複数持つメリットよりも手間と手数料というデメリットが勝るでしょう。

しかし、ソーシャルレンディングにおいては分散投資は正義です。それでも分散投資をしたいのならば、資金の引き出しをしないメインの業者と、機動的に資金を引き出すサブの業者に分けて使い、後者にはラッキーバンクやクラウドバンクなどの支払手数料無料の業者をあてるのが良いです。

 

また、あまりにも乏しい資金額、一桁万円の資金ならば、投資の前にそれよりも一段階上の投資資金を貯める事を優先した方が良いです。大丈夫です、ソーシャルレンディングは逃げて行ったりはしません。

\ SNSでシェアしよう! /

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの注目記事を受け取ろう

支払手数料¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • ソーシャルレンディングの「非」不動産担保には何がある?

  • 12/11にプレリートファンドが登録開始 不動産の利益を一気通貫

  • ソーシャルレンディングの良き業者の判別方法は親会社をチェック

  • ソーシャルレンディングの高利周りの秘密をお伝えします

関連記事

  • ソーシャルレンディングの事業性資金融資とはどういったものか

  • ソーシャルレンディングのスタートは口座開設から

  • ソーシャルレンディングの高利周りの秘密をお伝えします

  • ソーシャルレンディングでの太陽光発電融資の具体例教えます

  • みんなのクレジット事件の痛い教訓から騙されないコツを学ぶ

  • オーナーズブックはリスクが最も低いソーシャルレンディング業者