1. TOP
  2. ソーシャルレンディング
  3. 最初に開設すべきソーシャルレンディング口座はmaneoとLCレンディングがおすすめ

最初に開設すべきソーシャルレンディング口座はmaneoとLCレンディングがおすすめ

1つのバスケットに卵を盛る

ソーシャルレンディングを始めようとした人が最初に悩むのが、「どの業者にお金を預けるべきか」ではないでしょうか。

ソーシャルレンディングでどの業者を選ぶべきかは永遠の命題です。ここでは2業者をずばりお勧めします。それがmaneoLCレンディングです。

ソーシャルレンディングでの業者選びの答え2つ

ソーシャルレンディングの本命一押しmaneo

まず最初に開設すべき業者として一押しなのがmaneoです。業界のシェアナンバー1のガリバー企業のmaneoは常時ファンドを募集していて、その中には担保をしっかりとった利率5%の案件もあれば、高利回りの案件もありと、バラエティに富んでいます。

投資額が200万円程度までなら、手数料負担もありますので、分散投資をせずにmaneoだけでも運用できるのが魅力です。

また、maneoでは今年の3月に滞納案件が発生していますが、迅速に担保を処分して元本利息の全額回収に成功しています。

ソーシャルレンディングで貸倒はいつか起こるものですが、貸倒への対応力が有ることも証明できました。一番に口座を作って良い業者です。

 

信頼度ならばぴか1なのがLCレンディング

maneoに次いで口座を開きたいのならばお勧めはLCレンディングです。上場企業が親会社である点で内部統制には信頼を置けますし、業者リスクが最小になる1社です。

この業者でのお勧めは「LCホールディングス保証案件」です。
何かあったときでも上場企業であるLCホールディングスが、その資産で貴方の投資資金を保証してくれる案件です。

ソーシャルレンディングの中でも最もリスクが低い案件でありながら、利回りは5%程度有ります。貯金や国債を買うぐらいだったら、LCホールディングス保証案件を買った方がはるかにましです。

 

お勧めした理由お勧めしない理由

この2業者をおすすめした理由は、業者リスクが最低クラスかそれに次ぐクラスという安全性が1つ。 2つめにはサーバーレースやマイページの使い勝手の悪さなどの、ネガティブ要因が存在しない点です。

安心さで言うならば、オーナーズブックやSBIソーシャルレンディングも有るのですが、オーナーズブックはサーバーレースと金利の安さ、SBIソーシャルレンディングはユーザーインターフェースの悪さで選外になりました。

また高金利の業者はたくさんありますが、それらは2番目か3番目に開設するべきと思い外しています。

投資先に迷われたら、とりあえずこの2業者に投資をしてみるのをお勧めします。

\ SNSでシェアしよう! /

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの注目記事を受け取ろう

1つのバスケットに卵を盛る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ソーシャルレンディングで簡単に不労所得を獲得しようの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • ソーシャルレンディングの「非」不動産担保には何がある?

  • 12/11にプレリートファンドが登録開始 不動産の利益を一気通貫

  • ソーシャルレンディングの良き業者の判別方法は親会社をチェック

  • ソーシャルレンディングの高利周りの秘密をお伝えします

関連記事

  • ソーシャルレンディングでの不動産担保融資の具体例

  • クラウドバンクで作る0歳児の未成年口座で賢く節税

  • ソーシャルレンディングで投資の一歩を踏み出そう

  • ソーシャルレンディングのキャンペーンには利用されず利用する

  • ソーシャルレンディングで最も安全なファンドがLCホールディングス保証案件です

  • ガイアファンディングでは為替リスクなしでのお手軽海外投資ができる